言語聴覚士になるには

言語聴覚士になるには

話すことや食べることなど、だれでも自然にできることが突然、病気や事故などでできなくなってしまった人がいます。その人たちの支えになる仕事をするのが、言語聴覚士です。

このような人たちの社会復帰をサポートし、日常生活ができるように支援していきます。
では、仕事内容や資格の取得に関してはどのようになっているのでしょうか。


言語聴覚士は、うまく話せないなどの言語障害、声帯を失ったり声が出にくくなったりする音声障害、上手に飲み込めないなどの嚥下障害、これらに対応して仕事を行います。

これらの障害のメカニズムを明らかにして、対処法を考えて検査を行います。

また、必要に応じて訓練や指導も行います。医療機関の他にも、福祉機関や教育機関などでも活躍します。


言語聴覚士になるには、まずは国家試験に合格しなければなりません。高校を卒業したら、その後は文部科学大臣が指定する大学、もしくは厚生労働大臣が指定する養成所に入学し、言語聴覚士になるために必要な知識や技能を学習していきます。
一般の大学を卒業した場合、2年制の専修学校で必要な知識と技能を学習します。


この資格を得るには、国家試験に合格して厚生労働大臣の免許を受けないと、仕事ができません。

国家試験は毎年の2月に年1回行われます。試験の内容は筆記試験で、午前100問、午後100問の計200問となっています。
試験で120点以上取れたら合格となります。


試験科目には基礎医学をはじめ、臨床医学、心理学、言語学などがあります。


言語聴覚士は、話したり、聞いたり、食べたりする機能のリハビリをする専門家です。

資格としては、国家試験に合格しなければならない、国家資格です。高齢化が進む日本では、理学療法士や作業療法士と並んで必要とされる資格です。
脳出血等の後遺症には、言葉が出にくくなる失語症と言われるものがありますし、麻痺により発語が難しくなる構音障害と言われるものがあります。また、加齢や病気によって、食べ物を噛んだり、飲み込んだりすることが難しくなることもあります。


このような、口に関係する機能を回復させるためのリハビリを行うのが言語聴覚士の仕事のひとつです。他にも、子供に比較的多い吃音障害の治療やリハビリも行います。
子供からお年寄りまで、幅広い世代に関わる資格です。言語聴覚士の仕事場は、圧倒的に病院が多いですが、高齢者の施設や障害のある子供が通う福祉施設も、仕事先としてあげられます。資格を取るためには、国家試験を受ける必要がありますが、そのためには、専門的な知識を身に付けるための学校で勉強する必要があります。
声が出る仕組みや、医学的な知識も必要ですし、病気や障害の理解、病気や障害がある人の気持ちを理解するなど幅広い知識や技術が必要な資格です。さらに、そのような病気や障害がある方には、言語聴覚士のみの対応では解決できない問題を抱えている人も多いため、様々な医療福祉介護等の専門職や地域の社会資源と協働することも必要になってきます。

社会で求められ、やりがいのある仕事ができる、資格の1つではないでしょうか。

前撮りの情報がわかりやすく紹介されています。



アジアアロワナ専門店に関する情報をすばやく探せます。



2017年賀状サイトで情報を入手してみて下さい。

http://okwave.jp/qa/q4236119.html

http://okwave.jp/qa/q8984069.html

http://tmall.tsite.jp/B_3.php?SHOP_ID=12533

    関連リンク

    • 言語聴覚士の需要について

      一昔前は言語聴覚士という仕事はありませんでした。しかし、今では将来の職種として希望をする人が増加しています。...

      detail
    • 専門職の1つである言語聴覚士になるには

      言語聴覚士とは、リハビリテーションの専門職と呼ばれるもののひとつです。理学療法士、作業療法士、視能訓練士と並ぶ、医療従事者になります。...

      detail